目の下のくまを作らないようにする3つのこと

食生活や睡眠不足でできるくまが気になり始め


目の下のくまが目立ち始めてきたのは、20代後半の頃。仕事、介護に追われつつ、普段の食生活や運動を疎かにしていました。精神的疲労を感じた時には特に、メイクではくまを隠し切れないことに気づいたのです。目の下にできるくまの原因として通説では、血流の低下、メラニン色素の沈着、皮膚のたるみによるシワの影などがあります。血流の低下によって、酸素が行き届いたきれいな血液が循環しなくなるのであれば、血行を良くしなければなりません。目の周囲を、眼精疲労専用のアイマスクや蒸しタオルで温めたりします。次に、あたたかい手でマッサージ。入浴、運動を欠かさず、身体を温める食材(生姜・胡椒・根菜類など)を使った料理を通年意識して、体全体を冷やさないようにします。目の疲れも血流低下の一要因。ディスプレイに長時間向かう仕事は、目の他にも肩や背中の疲れが残ることもあります。体質に合った湿布剤の外用薬を取り入れて筋肉の炎症を和らげたりすると、顔が温かく感じてきますので、血行改善につながります。次に、紫外線の影響によるメラニン色素の沈着の対策。10代の頃から、日光に長時間当たらない、日傘を指す、帽子を被る、日焼け止めクリームを塗るなどして日焼け止め対策に余念がなかったのですが、加齢とともに顔全体がくすんでくるようになるにつれ、目の下のくまが目立つようになりました。対策として、日焼け止め効果が高い保湿クリーム、パウダーファンデーションを使用しています。なるべく、毛穴を塞がず、クレンジングしやすいようにリキッドファンデーションは使いません。


化粧道具

ワキガ治療
タカミクリニック