目の下のくまを作らないようにする3つのこと

くま対策でマッサージなどもしても効果なく


毛穴を塞がないという点では、コンシーラーも使うのに抵抗がありますが、きれいにくまが隠れやすいのは確かです。難点は、厚塗りに見えてしまうこと。何かを隠そうとしているメイクは、隠す必要のない部分も均一にしようとする傾向にあるため、どうしても立体感と透明感に欠けてしまうことがあります。このような場合、パウダーファンデーションの上に、おしろい、チーク、アイシャドウなどで対処することをおすすめします。最後に、皮膚のたるみによるシワの影によってできるくま の対処です。これは、血流の低下対策と同様に、顔にある筋肉を鍛えて持ち上げるということにつきます。市販のもので、顔用マッサージローラーなどを試すのもよいでしょう。私の場合は、E(いー)の発音で唇をキープし、その後、広角を上げ続けることを試みています。笑顔の練習になるかもしれません。しかしながら、これを続けると、顔が温かくなると同時に、顔の筋肉がほころんで自然に表情を作ることができようになりました。


化粧道具